海外渡航・海外旅行後の注意事項 − 海外渡航(赴任)、海外旅行の帰国後の注意事項についてご説明

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回 海外渡航・海外赴任

予防接種・トラベルクリニックのご案内

世界の地域別情報

海外旅行前・中・後の注意事項

海外旅行前の準備

海外旅行中の注意事項

海外旅行後の注意事項


感染症
留学 英文診断書 作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当院で接種された方には無料で記載・お渡し!
企業ご担当者様へ
イザ!トラベルするならイザベルへ!
トラベルクリニックとしての活動内容
高山病
カタール航空 エミレーツ航空 健康診断(メディカル)
Twitter始めました
スタッフ、ドクターブログ
オリジナル トラベルグッズ
ウィズフリーダム 女性用 旅行中、渋滞中、汚いトイレは使いたくない、急にトイレに行きたくなった時のために

品川イーストクリニック
【診療受付時間】
診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp


ホーム旅行前・中・後の注意事項>海外旅行後の注意事項 サイトマップ

海外旅行後の注意事項


海外旅行から帰国後、体調の異常を感じたらすぐに医師に報告しましょう。その際、滞在先の国、期間、スケジュール内容をきちんと伝えることが大切です。

 
感染症
 
感染症は旅行先で発症することもありますが、感染した病気により潜伏期間が長い場合は帰国後に発症することもあります。特に熱帯地域を中心として海外には潜伏期間の長い疾患が数多くあります。具合が悪くなったら速やかに病院へ行きましょう。
 
  <基本知識>
 
  細菌やウイルス、寄生虫などが何らかの経路から体内に入り、繁殖して起こる病気を総称して感染症といいます。感染症はすぐに発病する場合と、潜伏期間をへて発病する場合があります。すぐに発病する場合は、旅行先で発熱や下痢が起こるので原因は分かりますが、潜伏期間が長いものは帰国後に症状が現れるため旅行が原因だとは気づかないこともあります。

感染症には感染症患者から他の人に伝染するものと、伝染しないものがあります。B型肝炎やHIVのように伝染する感染症の場合、他人に移さないよう充分な注意が必要です。
 
  <発症したら>
 
  潜伏期間は感染症の種類によってはまちまちですが、命を脅かすものもありますので、帰国後しばらくして体調に異常を感じたらすみやかに病院の感染症科などの専門医に見てもらいましょう。
受診の際は、滞在国、期間、内容(食事の内容やどこで何をしたかなど)を詳しく伝えることが大切です。
 
海外渡航帰国時の健康診断
 


海外へ中・長期滞在をされる方は、日本への一時帰国の際や帰国後に健康診断の受診をお勧めいたします。
また、日本では6ヶ月以上海外で勤務される際には、その赴任前および帰国後に健康診断の実施が法律により義務付けられています。

→  海外派遣労働者健康診断



ホーム | 診療のご案内 | セミナー・活動のご案内 |よくある質問 | 地図 | お問い合せ
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針 |役立つリンク集
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved
海外渡航・海外赴任の予防接種は東京の品川イーストクリニック