タヒチ 南太平洋諸島 − 海外渡航(赴任)、海外旅行、留学の予防接種、英文証明書、健康診断を実施中

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回

予防接種・トラベルクリニックのご案内

世界の地域別情報

地図から探す


海外旅行前・中・後の注意事項

感染症
留学 英文診断書 作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当院で接種された方には無料で記載・お渡し!
企業ご担当者様へ
イザ!トラベルするならイザベルへ!
トラベルクリニックとしての活動内容
高山病

品川イーストクリニック
【診療受付時間】
診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp


ホーム地域別情報>南太平洋諸島 サイトマップ

地域別情報南太平洋諸島

ウェーク島、北マリアナ諸島、キリバチ、クリスマス島、クック諸島、グアム、サモア、ソロモン群島、タヒチ、ツバル、
トケラウ諸島、トンガ、ナウル、ニューカレドニア、ニウエ、パラオ、パプアニューギニア、バヌアツ、ハワイ、
ピトケアン島、フィージ、米領サモア、マーシャル群島、ミクロネシア連邦、ワリス・フテュナ諸島


南太平洋諸島地域の衛生状況
 
四季があり、南半球のため、日本と夏と冬が逆。飲食物からの感染が最も多い。蚊が原因のデング熱は、春から秋に発生することがある。衛生的な地域なので、感染症にかかる心配はあまりない。
 
南太平洋諸島で注意が必要な感染症と病気
 
飲食物から  感染症腸炎(食中毒、赤痢) 、 A型肝炎腸チフス 、 コレラ
蚊に刺されたら マラリア(パプアニューギニア、ソロモン諸島、バヌアツなど) 、日本脳炎
デング熱
動物に噛まれたら  狂犬病
傷口から  破傷風
ヒトから  AIDS 、 B型肝炎
水遊びから レプトスピラ症(パプアニューギニア、ソロモン諸島、バヌアツなど)
 
南太平洋諸島地域でお勧めの予防接種ワクチン
 
A型肝炎ワクチン 長短期滞在者
B型肝炎ワクチン 1年以上の滞在者
破傷風ワクチン 長短期滞在者
狂犬病ワクチン

1年以上の滞在者 、 野生動物に接する機会のある者

マラリア予防薬 マラリア発生地帯に立ち入る者
腸チフスワクチン 不衛生地域への滞在者及び立ち入る者
 
南太平洋諸島地域での注意事項
1.
加熱した水もしくはミネラルウォーターを飲む。水道水は飲まないこと。
また、水道水から氷が作られることが多いので、氷入りの飲み物は避ける。
2. 生ものは避け、加熱されたものを熱いうちに食べる。
寿司や刺身などの生ものは一流ホテルやレストランでも避ける。(グアム、ハワイを除く)
3. フルーツやサラダは水道水で洗ってあることが多いので避ける。
4. 果物は自分で皮をむいて早めに食べる。野菜は加熱されたものを食べる。
5. 蚊に刺されないようにする。熱帯マラリアは郊外だけでなく、都市部にも発生します。
6. 日本には存在しない狂犬病に注意が必要。動物をなでたり、なめられたりされないようにする。

ホーム | 診療のご案内 | セミナー・活動のご案内 |よくある質問 | 地図 | お問い合せ
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針 |役立つリンク集
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved
海外渡航・海外赴任の予防接種は東京の品川イーストクリニック