予防接種 ワクチン・トラベルクリニック − 成人後の予防接種から海外渡航(赴任)、海外旅行、留学の予防接種、英文証明書、健康診断を実施中

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回

予防接種・トラベルクリニックのご案内

予防接種ワクチンと接種間隔

英文診断書

海外渡航健康診断

カウンセリング

常備薬の処方

トラベルグッズ


世界の地域別情報

海外旅行前・中・後の注意事項

感染症
留学 英文診断書 作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当院で接種された方には無料で記載・お渡し!
企業ご担当者様へ
トラベルクリニックとしての活動内容
高山病

品川イーストクリニック
【診療受付時間】
診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp

港区 高齢者インフルエンザ予防接種 実施 医療機関


私たちも応援してます!!
 
エコキャップ推進協会
 

ホーム海外感染症情報>CURRENT HEALTH CONCERNS 健康懸念の現況 サイトマップ

2011年5月20日 UP DATE

CURRENT HEALTH CONCERNS 健康懸念の現況


【健康懸念の現状】

Republic of Uganda ウガンダ共和国

ウガンダ保健省によると、2011年5月以降、Kampala北部から25キロのBombo(Luwero地区)でエボラ出血熱事例1件が確認されました。歴史的に、事例が周期的に固まって発生しているので、追加の事例があるかもしれません。この地域への旅行者は著しく具合の悪い患者の血液や体液との直接の接触を通してエボラウイルスが感染することを知っておきましょう。


【安全情報】

Republic of Guatemala グアテマラ共和国

 

5月16日、Peten地区での疑わしい麻薬関連の暴力に対応して戒厳令が宣言されました。追加の警察と軍事力が派遣されました。旅行者は観光地Tikalを含むこの地域を避け、地元メディアを通じて状況をモニターしましょう。


【旅行勧告】

Ireland アイルランド

アイルランドは重大で暴力的な犯罪の発生は低いです。スリ、引ったくりなどの軽犯罪は観光客が多い地域で起きています。ダブリンでは車両強盗が起こり、レンタカーがよく標的にされます。クレジットカード詐欺やATM詐欺も起こります。


Socialist Republic of Viet Nam ベトナム社会主義共和国

特にバーでは飲み物から目を離さないようにしてください。薬物を入れられ、その後強盗や傷害事件が起こる事例があります。露店からはアルコールを購入しないでください。ホテルやレストランの請求についての言い合いから急激に暴力に発展することがあります。

 

 



ホーム | 診療のご案内 | セミナー・活動のご案内 |よくある質問 | 地図 | お問い合せ
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針 |役立つリンク集
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved