予防接種 ワクチン・トラベルクリニック − 成人後の予防接種から海外渡航(赴任)、海外旅行、留学の予防接種、英文証明書、健康診断を実施中

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回

予防接種・トラベルクリニックのご案内

予防接種ワクチンと接種間隔

英文診断書

海外渡航健康診断

カウンセリング

常備薬の処方

トラベルグッズ


世界の地域別情報

海外旅行前・中・後の注意事項

感染症
留学 英文診断書 作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当院で接種された方には無料で記載・お渡し!
企業ご担当者様へ
トラベルクリニックとしての活動内容
高山病

品川イーストクリニック
【診療受付時間】
診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp

港区 高齢者インフルエンザ予防接種 実施 医療機関


私たちも応援してます!!
 
エコキャップ推進協会
 

ホーム海外感染症情報>CURRENT HEALTH CONCERNS 健康懸念の現況 サイトマップ

2012年10月26日 UP DATE

CURRENT HEALTH CONCERNS 健康懸念の現況


【健康懸念の現況】

Burma, Rabies ビルマ、狂犬病

ビルマに対する狂犬病ワクチン推奨について以下のように修正されました。

ビルマ国内全土、特に都市部のAyandwaddy, Bago, Mandalay, Magway, Mon, Sagaing, Yangon で危険があります。推奨:長期滞在;すべての旅行者、幼い子供と田舎を訪れる人が優先。短期滞在:職業的暴露;暴露後治療のための狂犬病免疫グロブリンや狂犬病ワクチンを接種するのに24時間以上かかる場所にいる人;冒険旅行者、ハイカー、洞窟探検家、バックパッカー;蝙蝠と直接接触の可能性のある活動に関係のあるすべての旅行者。最大限の旅行前予防を希望する危険を嫌う旅行者のため考慮しましょう。犬や蝙蝠に咬まれたり、引掻かれたりした場合は、軽く考えず、免疫がある場合でも暴露後予防を受けましょう。


Chile チリ

チリ保健省によると、2012年8月以降の髄膜炎菌性髄膜炎の症例の増加に応じて月齢9か月〜4歳児にMCV4ワクチンを使用した髄膜炎予防接種キャンペーンが開始しました。基準を下回る発生率が局地的な流行を限定し、主に血清グループW135によって引き起こされた90件以上の症例(21件の死亡例を含む)が主に首都圏とValparaiso地域から報告されています。観光客への危険は極少ないですが、影響下にある国外移住者や地元の子供とかなり接触があるような長期滞在の子供は予防接種を考慮に入れましょう。


Greece ギリシャ

欧州の保健当局によると、2012年10月19日にギリシャ北部の西マケドニア地域で1件の赤キツネの狂犬病事例が報告されました。これは1987年以来、初めての陸上動物による狂犬病の報告です。ギリシャへの特定の旅行者に狂犬病のワクチン接種を推奨しています。


Uganda ウガンダ

WHOによると2012年10月以降、ウガンダ南西のKitumbaとKabale 地域から検査で確認された3件のマールブルグウイルス症例が報告されています。マールブルグウイルスに対するワクチンはありません。感染は、感染している野生動物や急性疾患の患者の血液や体液との直接的な接触を通して起こることをこの地域を訪れる旅行者に勧告しましょう。

 



ホーム | 診療のご案内 | セミナー・活動のご案内 |よくある質問 | 地図 | お問い合せ
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針 |役立つリンク集
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved