予防接種 ワクチン・トラベルクリニック − 成人後の予防接種から海外渡航(赴任)、海外旅行、留学の予防接種、英文証明書、健康診断を実施中

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回

予防接種・トラベルクリニックのご案内

予防接種ワクチンと接種間隔

英文診断書

海外渡航健康診断

カウンセリング

常備薬の処方

トラベルグッズ


世界の地域別情報

海外旅行前・中・後の注意事項

感染症
留学 英文診断書 作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当院で接種された方には無料で記載・お渡し!
企業ご担当者様へ
イザ!トラベルするならイザベルへ!
トラベルクリニックとしての活動内容
高山病

品川イーストクリニック
【診療受付時間】
診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp

港区 高齢者インフルエンザ予防接種 実施 医療機関


私たちも応援してます!!
 
エコキャップ推進協会
 

ホーム海外感染症情報> イギリスでのエボラ出血熱に対する終息の宣言 サイトマップ

2015年3月12日 UP DATE

イギリスでのエボラ出血熱に対する終息の宣言


3月10日に、WHOとWHO欧州事務局は下記のようにイギリスでのエボラ出血熱の終結に関する情報を発表しました。

WHOは、英国のエボラ出血熱の感染に取り組んだ努力を賞賛しました。WHOのガイドラインに則り、英国はエボラ出血熱への警戒が解除されています。

医療従事者が、シエラレオネのエボラ治療センターでボランティアとして参加した後、2014年12月28日にイギリスのグラスコーに帰国しました。この医療従事者は、帰国途中にはエボラ出血熱の症状を示してはいませんでした。しかし、12月29日に発熱と筋肉痛を発現したため、ガートナベル病院内にある感染症専門医ブラウンリー氏の病棟で厳格に隔離されました。

2014年12月29日の午後、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)を用いた検査において、この医療従事者はエボラ出血熱に陽性と確認されました。WHOは患者発生の通知を受けました。患者は、2014年12月30日、隔離された状態で治療をするためにロンドンにあるロイヤルフリー病院に搬送され、完全に回復するまで入院しました。

この医療者と同じ便でシエラレオネのフリータウンからモロッコのカサブランカへ、そこからロンドン・ヒースロー、さらにはグラスゴーへと向かった乗員乗客は全員に連絡が行われ、エボラ出血熱に対する21日間の健康監視が行われました。1月18日までに、彼らは全員がエボラ出血熱を発症することなく、21日の健康監視期間を完了しました。

2015年1月23日、患者は2回目のエボラ出血熱に対する検査で陰性の結果を得たため、1月24日に退院しました。2015年3月7日には、この医療従事者がRT-PCRを用いた2回の検査で陰性の結果を得てから42日になります。したがって、イギリスは現在、WHOのガイドラインに基づいて、エボラ出血熱への警戒が解除されています。

WHOは、感染の可能性のあるすべての接触者を特定並びに追跡し、エボラ出血熱のさらなる感染を防ぐために感染対策を徹底したイギリスとモロッコを賞賛しています。これらの対策には、航空機の乗客に対する徹底的な追跡調査と、必要となる感染の予防と制御における全ての対策の実施が含まれていました。

厚生労働省検疫所 FORTHより




ホーム | 診療のご案内 | セミナー・活動のご案内 |よくある質問 | 地図 | お問い合せ
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針 |役立つリンク集
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved