予防接種 ワクチン・トラベルクリニック − 成人後の予防接種から海外渡航(赴任)、海外旅行、留学の予防接種、英文証明書、健康診断を実施中

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回

予防接種・トラベルクリニックのご案内

予防接種ワクチンと接種間隔

英文診断書

海外渡航健康診断

カウンセリング

常備薬の処方

トラベルグッズ


世界の地域別情報

海外旅行前・中・後の注意事項

感染症
留学 英文診断書 作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当院で接種された方には無料で記載・お渡し!
企業ご担当者様へ
イザ!トラベルするならイザベルへ!
トラベルクリニックとしての活動内容
高山病

品川イーストクリニック
【診療受付時間】
診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp

港区 高齢者インフルエンザ予防接種 実施 医療機関


私たちも応援してます!!
 
エコキャップ推進協会
 

ホーム海外感染症情報>東アジアと東南アジアにおける麻しんの流行状況 サイトマップ

2014年1月30日 UP DATE

東アジアと東南アジアにおける麻しんの流行状況について


麻しん(はしか)は、麻しんウイルスによって起こる病気です。空気感染、飛沫感染、接触感染によって、人から人にうつります。その感染力はウイルスの中 で最も強く、麻しんを発症している人と同じ部屋にいるだけで(空気)感染することがあります。また、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症 し、肺炎や脳炎などの重い合併症を起こすこともあります。

世界保健機関(WHO)西太平洋事務局(WPRO)の情報によりますと、2013年(2013年12月20日時点)に麻しんの患者の報告が多かった国 は、中国、ラオス、フィリピンです。これらの国における確定患者数は、中国が26,360人フィリピンが957人ラオスが68人でした。また、人口 100万人当たりの麻しんの罹患率は、中国で21.2人、ラオスで11.5人、フィリピンで10.6人でした。

フィリピン保健省が1月23日付けで公表した情報によりますと、フィリピンでは、今年1月1日から1月11日までに麻しんが疑われる患者は1,163人 報告されており、このうち55人が検査で麻しんと確定診断されました。確定患者の多くは、マニラ首都圏(National Capital Region)、カラバルソン(CaLaBaRZoN)、中部ルソン(Central Luzon)で報告されています。確定患者は1歳から35歳までの年齢層で、29%は1歳から4歳までの小児でした。確定患者のうち、麻しんの予防接種歴 のある患者は21%のみでした。フィリピンでは、患者が多く発生している地域で集中的に予防接種キャンペーンが行われています。

麻しんは予防接種で予防することができる病気ですが、予防効果を確実にするためには、2回の接種が必要です。現在、1歳と小学校入学前1年間の小児に対 して、計2回の定期の予防接種が行われています。海外の麻しんの流行がみられる地域へ渡航する前には、母子健康手帳などで、予防接種歴を確認してくださ い。麻しんにかかったことがない方で、麻しんの予防接種を受けたことがない方や1回しか接種していない方、または予防接種を受けたかどうかがわからない方 は、渡航する前に、早めに医師に相談してください。

厚生労働省検疫所 FORTHより




ホーム | 診療のご案内 | セミナー・活動のご案内 |よくある質問 | 地図 | お問い合せ
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針 |役立つリンク集
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved