予防接種 ワクチン・トラベルクリニック − 成人後の予防接種から海外渡航(赴任)、海外旅行、留学の予防接種、英文証明書、健康診断を実施中

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回

予防接種・トラベルクリニックのご案内

予防接種ワクチンと接種間隔

英文診断書

海外渡航健康診断

カウンセリング

常備薬の処方

トラベルグッズ


世界の地域別情報

海外旅行前・中・後の注意事項

感染症
留学 英文診断書 作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当院で接種された方には無料で記載・お渡し!
企業ご担当者様へ
トラベルクリニックとしての活動内容
高山病

品川イーストクリニック
【診療受付時間】
診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp

港区 高齢者インフルエンザ予防接種 実施 医療機関


私たちも応援してます!!
 
エコキャップ推進協会
 

ホーム海外感染症情報>インドネシア バリ島 狂犬病発生 サイトマップ

2011年6月20日 UP DATE

インドネシア バリ島 狂犬病発生


これは米国東部標準時間、2011年6月20日18時31分の情報です。更新日:2011年6月20日

2008年12月、インドネシア農林水産省は国際獣疫事務局にインドネシア、バリの犬の狂犬病の大発生を通知しました。2011年6月現在、バリで100件を超える狂犬病が原因の死亡事例が報告されています。(2012年5月末で、死亡例は140人に増加)。

バリの南端とバリ島全土の人気の観光地でヒトと動物の狂犬病が確認されています。

CDCは旅行者にバリ島全域で狂犬病に対する注意をするよう勧告しています。

次に挙げるような行動はバリへ行く旅行者の狂犬病リスクを高めるかもしれません。

  • 狂犬病の暴露や予防接種歴が知られていない動物の近くで働く
  • 農村地域で長い時間過ごしたり、サイクリング、キャンプ、ハイキングなどの屋外での活動などに参加する。これらの活動は動物との接触との危険を増加させる。
  • 動物に触れたり、一緒に遊んだりする。
  • 自国につれて帰るつもりで動物をもらう。

狂犬病の情報

狂犬病はヒトと動物の健康に脅威となり、急速に進行する命にかかわる病気です。ほとんどの場合が動物に咬まれることで感染します。狂犬病の動物の唾液(ウイルスがいる)が直接、目、鼻、口や傷のある皮膚に入ることでも広がることがあります。世界でのヒト感染の主な感染源は犬とキツネ、タヌキ、マングース、コウモリなどの特定の野生種です。

毎年世界中で、狂犬病は約5万人を死に至らせ、そのほとんどが子供です。米国では、飼っている動物からの狂犬病の危険は低いです。米国から他の地域へ旅行する人々は、狂犬病の危険がより高くなるでしょう。したがって、旅行者全員が狂犬病から自分の身を守るためにどうすればいいか知っておくようにするべきです。

旅行者へのアドバイス

以下の推奨に従って自分と家族を狂犬病から守りましょう。

狂犬病ワクチン接種を考慮に入れる

  • バリで犬、ネコ、コウモリや他の肉食動物との接触があるような活動をする場合は、暴露前狂犬病予防接種を考慮に入れましょう。これは3回接種(0、7日、21または28日)シリーズで、旅行の前に接種します。
  • 暴露前予防接種を受けていたとしても、動物に咬まれたり引掻かれたりしたら直ちに医療機関に受診する必要があります。

動物咬創を避ける

  • 野生動物、ペットなど動物全般に接触するのは避けましょう。他の国のペットは狂犬病予防接種をしていないことがあります。
  • 米国の家へつれて帰る意図で動物を助けたいという衝動をがまんしましょう。最初に出会った時に犬やネコが狂犬病に感染していても数日から数週間徴候をあらわさないこともあります。
  • お子さんから目を離さないでください。(特に、犬やネコ、猿などの野生の動物が近くにいる時)
  • ペットと一緒に旅行をする場合、ペットに目を配り、現地の動物と遊ばせないようにしましょう。(特に飼われていない動物)

咬まれたり、ひっかかれたりしたら迅速に行動しましょう

  • 傷口を石鹸と水でよく洗いましょう
  • 具合が悪くなくても、傷口がひどくなくても病院に直ぐ行きましょう。狂犬病を防ぐためには直ちに予防接種のシリーズを開始する必要があります。
  • 予防接種を受けるには米国や他の地域へ行く準備をしてください。 (狂犬病暴露への適切な予防接種が世界中どこでも可能というわけではありません)
  • 家に帰ったら、旅行中に噛み付かれたまたは引っ掻かれたと医師か州保健局に伝えてください。

旅行の前に、ご自分の健康保険が海外での治療や医療のための移動の費用を補償してくれるかどうかを確かめておきましょう。 もしカバーされていなかったら旅行のための追加の健康保険の加入を考慮に入れましょう。

医療従事者用情報

GeoSentinelデータは2008年5月以降、バリから戻ってくる旅行者の間で狂犬病暴露後予防のリクエストの数が増えたことを示しています。GeoSentinelは旅行関連の病気監査のための世界的なコミュニケーションとデータ収集ネットワークです。これは国際旅行医学会とCDCの共同で運営されています。
旅行前の受診で、医療従事者は動物にかまれないようにすることの大切さと、緊急退去や海外での医療行為をカバーする健康保険に入ることをインドネシアに行く旅行者に強調してください。

 
 



ホーム | 診療のご案内 | セミナー・活動のご案内 |よくある質問 | 地図 | お問い合せ
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針 |役立つリンク集
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved