予防接種 ワクチン・トラベルクリニック − 成人後の予防接種から海外渡航(赴任)、海外旅行、留学の予防接種、英文証明書、健康診断を実施中

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回

予防接種・トラベルクリニックのご案内

予防接種ワクチンと接種間隔

英文診断書

海外渡航健康診断

カウンセリング

常備薬の処方

トラベルグッズ


世界の地域別情報

海外旅行前・中・後の注意事項

感染症
留学 英文診断書 作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当院で接種された方には無料で記載・お渡し!
企業ご担当者様へ
トラベルクリニックとしての活動内容
高山病

品川イーストクリニック
【診療受付時間】
診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp

港区 高齢者インフルエンザ予防接種 実施 医療機関


私たちも応援してます!!
 
エコキャップ推進協会
 

ホーム海外感染症情報>南アフリカのリフトバレー熱 サイトマップ

2010年6月24日 UP DATE

南アフリカのリフトバレー熱


これは2010年6月24日現在の情報です。
更新日2010年6月10日

南アフリカ伝染病研究所は南アフリカのリフトバレー熱の発生を報告しました。
2010年5月10日付けで、18件の死亡事例を含む186件のヒトの症例が自由区,ケープ北部、北西、ケープ西部とケープ東部地域で確認されました。

リフトバレー熱はウイルスが原因の病気で、感染した家畜や蚊から主に広がります。
南アフリカの症例のほとんどが、農場で働く人たちや、動物医療保健業務従事者、食肉検査官などの感染動物と直接接触のある人たちから確認されています。


旅行者への勧告

旅行者に対しては南アフリカでのリフトバレー熱の危険性は低いでしょう。しかしながら、もし農場地域を旅行したり、感染地域の屋外で寝たりするようなことがある場合にはリフトバレー熱の危険性はとても高いです。健康でいるためと感染する機会を減らすために次の勧告を参考にしてください。

感染地域の農場を避ける
農場へ行くのをさけられないようであれば、納屋や家畜舎などの動物がいる場所を避け
直接動物に触れないようにしましょう。

虫(蚊)刺されを予防する

露出している肌に虫除けを使用する
DEET, Picaridin(KBR3023),レモンユーカリプタスオイルまたはPMDかIR3535などの
有効成分が入っている虫除けを使いましょう。
虫除けを使用する際はラベルにある用法を守りましょう。

一般的に、これらの有効成分濃度が高ければ、蚊に刺されからより長く守られます。
しかしながら、濃度50%以上のものが劇的に予防時間を長くするわけではありません。
有効成分が10%以下の製品は予防時間に限りがあります。(1〜2時間ほど)

米国小児医学会は月齢2ヶ月以上の乳幼児に対して濃度30%までの虫除けの使用を認めています。

参照サイト:CDC




ホーム | 診療のご案内 | セミナー・活動のご案内 |よくある質問 | 地図 | お問い合せ
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針 |役立つリンク集
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved