海外赴任社員のワクチンスケジュールや海外渡航者健診をサポート。海外派遣社員の予防接種と健康診断を一括管理いたします。

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回 海外渡航・海外赴任

トラベルクリニック・予防接種のご案内

予防接種ワクチンと接種間隔

英文診断書

海外渡航健康診断

カウンセリング

常備薬の処方

トラベルグッズ


地域別予防接種情報

地図から探す


海外渡航前・海外旅行中・海外から帰国後の注意事項

海外旅行前の準備

海外旅行中の注意事項

海外旅行後の注意事項


感染症
海外留学に必要な英文診断書や英文証明書の作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当トラベルクリニックでワクチン接種された方には無料でワクチン接種記録カードを英文でお渡し!
海外に社員を派遣する企業や団体などのご担当者様へ海外渡の専門医がサポート致します
保護者の方が同行できない未成年の方が予防接種を注射する際には委任状をお持ちください。
各種メディア・トラベルクリニック取材のお問い合わせ
高山病
カタール航空やエミレーツ航空などの外資系航空会社の健康診断を英文で作成します。キャビンアテンダント採用時健康診断(Medical certificate)作成について。
トラベルクリニックのご案内やワクチン在庫の有無などをTwitterを通してご案内。
世界で流行っている感染症情報をいち早くご案内。どんなワクチン接種がお奨めか、狂犬病の最新情報などをお伝えします。
トラベルナースやトラベルドクターからの旬な情報をお届けいたします。新しいワクチン入荷、髄膜炎ワクチン、コレラワクチンの情報などWEBより先にお届けします
トラベルクリニックのオリジナルトラベルグッズ、イザ海外渡航、イザ海外出張、イザ海外旅行に行くならイザベルバックをご活用ください。
 

トラベルクリニック 品川イーストクリニックの診療について
【診療受付時間】
トラベルクリニックの診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp

品川イーストクリニックは港区の高齢者インフルエンザ予防接種実施医療機関です


ホーム企業・団体のご担当者様へ>勤務地での医療機関受診 サイトマップ

企業の総務・人事ご担当者様へ


1.サービス内容 
2.海外派遣者への健康診断 
3.海外赴任前教育
4.勤務地での医療機関受診

勤務地での医療機関受診

言葉や習慣の異なる海外で医療機関を受診するのに不安を感じる方も多いと思います。

特に途上国の場合は、医療を受けたがらない傾向にあるようです。その結果、悪性腫瘍の発見遅れや生活習慣病の悪化による心筋梗塞などを併発するケースも発生しています。病院への受診は個人の責任という考え方は、医療事情の違う海外においては危険であり、海外の医療機関を受診しやすい環境を作ることが大切です。

とは言え、海外では健康診断や予防接種は誰も勧めてくれません。病院に行くと医療保険の手続きも自分で行なう必要があります。従って、自分の健康は自分で管理するという自覚をもつことも大切です。

1.医療システムを理解する

まず始めに知っておくべきことは、日本と海外の医療制度 Medical Service は大きく違いという点です。日本では、病気になったら病院や近くのクリニックに行って受診しますが、海外では、まず家庭医 Family doctorを受診します。

日本の医療システムは海外から見ると特殊です。例えば、海外では救急車は有料です。病院間や医師間に医療費にも差があり、薬は院外処方が一般的で、会計も診療費・検査費用・病院の施設使用料が別々で請求され、かかりつけ医の紹介がないと専門医を簡単に受診できなかったりします。こうした環境や医療制度の違いを赴任前のセミナーなどに取り入れ、不安な要因を減らすことも大切です。

2.ホーム・ドクターを決める

日本では患者さんが病院の専門外来を直接受診することができますが、海外では、最初に家庭医(ホーム・ドクター)に相談する制度になっているのが通常です。

ホーム・ドクター(またはファミリー・ドクター)は、日本でいう「かかりつけのお医者さん」のことで、アメリカではプライマリー・ドクター(Primary doctor)とかプライマリー・フィジシャン(Primary physician)と呼ばれます。「主治医」の意味です。

医療を受ける場合は、まずこのホーム・ドクターに相談します。専門医による診察が必要な場合はホーム・ドクターが紹介し、入院・手術が必要な場合もホーム・ドクターが契約している病院に入院手続きを取ってくれます。医師はクリニックを持ちながら病院のメンバーであることが多く、病院の施設設備を使用して自ら手術や治療を行うこともあります。

自分の加入している保険が適用できるドクターかどうかを保険会社に問い合わせると近所の数人の医師を紹介してもらうことが出来ますし、電話帳のイエローページで診療所を選び、保険が適用するかを聞いてもよいでしょう。

医師の選択には、一般の評判や口コミも参考になりますが、通院に便利か、患者の訴えをよく聞いてくれるか、説明は充分かなどを判断のポイントとして、医師の専門を知り、家族構成(妊婦や小児がいる、慢性疾患を持っている等)を考えた上で、会社内や地域の評判など周りの人の情報も参考にして決めるとよいでしょう。

3.クローズド・システム(Closed System)とオープン・システム(Open System)

患者さんが病院に行く場合、日本では外来の担当医が入院の必要があるか否かを判断し、入院することになればその病院で入院します。また、入院中の主治医もその病院の勤務医から決められてしまい、患者さんが自分で主治医を選ぶことはできません。つまり、外部の医師に対して開かれていない(=「クローズ」している)のが日本の医療システムです。

これに対し、海外の多くの医療制度は病院が外部の医師に対して開かれている「オープン・システム」で成り立っています。病気になったらまず自分のホーム・ドクターに相談します。必要な場合はホーム・ドクターが専門医を紹介し、入院・手術が必要な場合もホーム・ドクターが契約している病院に入院手続きを取ってくれます。ホーム・ドクターは毎日、自分のオフィスから病院へ診察に行きます。

そしてこのオープン・システムのため、患者さんはそれぞれの医師、各検査施設、病院、薬局などへ別々に支払いをすることになります(請求書が別々に送られてきます)。

4.医療レベルについて

途上国で医療を受ける際に不安とされる要因の中に、医療レベルがあります。経済状態や衛生状態が悪いと医療レベルも低いのではと思われがちですが、貧富の差が大きい途上国では、欧米へ教育を受けた医師が意外と多くおり、富裕層や外国人向けの医療技術のレベルは低くはありません。

病院に受診する際のポイント

  • 日本人が多く利用している
  • 医師がどこで教育を受けたか
  • 薬は先進国のものを使用しているか
  • 欧米人が利用しているかなどの情報も加味して判断しましょう。
5.医療保険に加入する

日本では健康保険への加入が義務づけられており、保険料は給与から天引きされるため、医療費の負担は僅かですみますが、海外で医療機関を受診する場合、原則として全額自己負担です。最近では病院と保険会社が契約していると、キャッシュレスで受診できる病院も少なくありませんので、上手に活用するとよいでしょう。

通常は、医療費の負担を軽減するために、医療保険に加入し、定期的に保険料を納めます。海外で医療にかかると健康保険(日本)、現地の保険、旅行保険などで支払われますので、最終的な自己負担額がどのくらいになるのかを知っておくと受診もしやすくなるでしょう。また、後で保険会社に払い戻しを請求する手続きも必要となりますので、医療費の領収書は保管しておきます。

6.健康管理ファイルを作る

赴任前の健康診断の結果をファイルに保管しておくとよいでしょう。海外で検査を受けると、検査結果は患者さんに渡されるのが普通ですので、こういった検査記録を1つのファイルにまとめておくと医師に相談する際に便利です。

7.怪我や急病に備える

怪我や急病の場合でも、まずはホーム・ドクターに連絡するのが原則です。ホーム・ドクターの紹介で病院を受診すると手続きが円滑に行なわれます。電話のそばにホーム・ドクターと救急時の連絡先を書き留めておくとよいでしょう。途上国では公営の救急車を呼ぶと公立病院に運ばれる場合がありますので、お勧めできません。ただし、脳梗塞など一刻を争う緊急の場合は第一に救急車を呼ぶことを覚えておきましょう。

8.連絡先情報

緊急時のために、ご自分の連絡先が相手側にわかるように、英文もしくは現地語で下記の内容が記載されたカードを用意するといいでしょう。

  • 渡航地の日本大使館、領事館
  • 現地在住の友人や日本在住の家族がいる場合は、その住所と電話番号
  • 日本のかかりつけ医、かかっている病院
9.日本から定期的なフォローアップ

治療継続が必要にもかかわらず、赴任後治療を中断するケースはしばしば見受けられます。治療継続が条件の勤務者に対しては、健康管理スタッフから定期的に連絡を入れるようにしましょう。普段の食生活・運動習慣・血圧や体重管理・通院状況・薬の名前・検査結果などを確認し、現地医師からの説明に対して解説してあげると、通院もよりスムーズになるでしょう。





ホーム | 診療のご案内 | セミナー・活動のご案内 |よくある質問 | 地図 | お問い合せ
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針 |役立つリンク集
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved
海外渡航・海外赴任の予防接種は東京の品川イーストクリニック
海外渡航前健康診断 一時帰国時健康診断 帰国後健診 英文診断書 英文証明書 母子手帳翻訳 留学 英文書類 予防接種 トラベルクリニック マラリア予防薬 マラロン 高山病予防薬 常備薬の処方 高山病予防薬