【シンガポール】日本出国前48時間以内に受検したPCR検査の陰性証明書の取得が必要(2021年9月9日~)

2021年9月6日海外渡航PCR陰性証明書

9月5日、シンガポール保健省(MOH)は、シンガポールへの入国規制(水際対策措置)の変更について以下のとおり公表しました。詳細は以下の保健省(MOH)HP をご確認ください。
https://www.moh.gov.sg/news-highlights/details/updates-on-border-measures-for-travellers
なお、日本はカテゴリーⅢの分類に変更はありませんが、日本出国前72時間以内とされていたPCR 検査の受検要件が、2021年9月9日23時59分以降の到着から「日本出国前48時間以内に受検した PCR 検査の陰性証明書の取得」が必要に変更されましたので、ご注意ください。

詳細サイト

新型コロナウイルスの発生に関する注意喚起(その61)

Ministry of Health

下記、在シンガポール日本国大使館ホームページより抜粋

新型コロナウイルスによるシンガポールへの入国制限について
1 現在、シンガポールの長期滞在パス(就労パス及び帯同者パス(EP,S Pass,DP等)を含む)を持っている方以外、日本からシンガポールへの入国はできません。
 
2 長期滞在パスをお持ちの方も、(再)入国には当局の事前承認(Entry Approval)が必要です。
 また、日本から入国する場合以下の要件があります。

(1)MOM発行の就労パス及び帯同者パス(EP、S Pass、DP等)所持者(8月10日以降の(再)入国申請者)はシンガポール到着までに、ワクチンの接種を終えていること(最終接種から2週間を経ていること。また、搭乗・入国に際してワクチン接種証明書の提示と当地での隔離後の抗体検査等も必要です。詳細はこちら)
(2) 9月9日23時59分以降の入国者は日本出国前48時間以内にPCR検査を受検し陰性の証明書を取得(入国審査時必要)
(9月9日までの入国者は日本出国前72時間以内に受験したPCR検査の陰性の証明書)
(3)入国時PCR検査受検(費用160ドルは自己負担。事前予約が望ましい)
(4)入国後14日間の隔離(単独での滞在又は同居家族と同一行程の場合(ただし、いずれも12歳未満の子供を除く全員がワクチン接種済であることが前提)に限り自宅等での隔離を申請(8月21日以降)することも可能。詳細はこちら)
(5)隔離終了前の指定された日にPCR検査を受検(費用125ドルは自己負担)。なお、結果が陽性であった場合は、無症状でも最低10日間療養施設等に隔離されます。
(6)政府指定施設での隔離の場合は、到着3日目、7日目、11日目に抗原迅速検査キット(費用40ドルは自己負担)による自己検査

※上記各検査の対象は、2018年(12月31日)以前に生まれた方