韓国 渡航に必要なビザ申請、PCR検査

2020年10月14日海外渡航PCR陰性証明書

韓国渡航に必要なビザ申請時の健康診断書類、ビジネストラックを使用する際に必要なPCR陰性証明書についてまとめましたのでご参考にしてください。

【ビジネストラック】
2020年10月8日から、韓国との間で双方向の往来を再開する「ビジネストラック」の運用が開始しました。
ビジネストラックは、例外的に相手国又は本邦への入国が認められ、「本邦活動計画書」の提出等の追加的条件の下、相手国又は本邦入国後の14日間の自宅等待機期間中も、行動範囲を限定した形でビジネス活動が可能となる(行動制限が一部緩和される)、主に短期出張者用のスキームです。
主に短期出張者用となります。対象者は、現時点で以下のとおりです。

【レジデンストラック】
レジデンストラックは、入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、双方向の往来を再開する、主に長期滞在者用のスキームです。
主に駐在員の派遣・交代等、長期滞在者用となります。対象者は、現時点で以下のとおりです。

◆韓国への渡航に必要な手続きの手順
☆駐日大韓民国大使館・総領事館にてビザの申請
・全てのビザを申請する外国人は,申請日から48時間以内に医療機関が発行した診断書(発熱,咳,悪寒,頭痛,筋肉痛,肺炎などコロナ19関連の症状の有無が必ず記載)の提出が必要です(2020年4月13日以降)。
 ⇒当院では当日発行いたします。お電話にてご予約の上、ご来院ください。
  お電話:03-5783-5521(電話受付時間 9:00-19:00)

☆搭乗前72時間以内にPCR検査を行って陰性証明書を取得
※ビジネストラックを利用して渡航する場合のみ必要になる手続きです。
日本出国前72時間以内に新型コロナウイルスに関する検査を受け、「陰性」であることを記載した検査証明(陰性確認書)を取得してください。
⇒当院は「新型コロナウィルス検査証明機関登録簿」(経産省の海外渡航者新型コロナウィルス検査センター(TeCOT)に記載のある医療機関です。
 韓国政府指定の用紙に記入してお渡しします。
 PCR検査の陰性証明書は検査翌日16~19時の間にお渡し可能です。
 お電話またはWEBにてご予約の上、ご来院ください。
  お電話:03-5783-5521(電話受付時間 9:00-19:00)
  海外渡航用PCR検査 WEB予約はこちら

<参考サイト>
在大韓民国日本国大使館
外務省