B型肝炎ワクチン − B型肝炎の感染経路や症状、B型肝炎ワクチンの予防接種についてのご案内 海外輸入ワクチンB型肝炎 EngerixBも取り扱い。

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回 海外渡航・海外赴任

予防接種・トラベルクリニックのご案内

予防接種ワクチンと接種間隔

英文診断書

海外渡航健康診断

カウンセリング

常備薬の処方

トラベルグッズ


世界の地域別情報

海外旅行前・中・後の注意事項

感染症
留学 英文診断書 作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当院で接種された方には無料で記載・お渡し!
企業ご担当者様へ
イザ!トラベルするならイザベルへ!
トラベルクリニックとしての活動内容
高山病
カタール航空 エミレーツ航空 健康診断(メディカル)
Twitter始めました
スタッフ、ドクターブログ
オリジナル トラベルグッズ
ウィズフリーダム 女性用 旅行中、渋滞中、汚いトイレは使いたくない、急にトイレに行きたくなった時のために

品川イーストクリニック
【診療受付時間】
診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp


ホーム予防接種ワクチン>B型肝炎ワクチン サイトマップ

予防接種ワクチン >B型肝炎ワクチン [Hepatitis B] - 不活化ワクチン


輸入B型肝炎EngerixB 、および、A型肝炎とB型肝炎の混合ワクチンTwinrix も取り扱っております。

B型肝炎のリスクが高い国と地域
※図はWHO International travel and healthより

B型肝炎の発生状況

北米や西欧、オーストラリアなどを除く多くの国でB型肝炎ウイルスのキャリアが存在しており、特に、中国、東南アジア、中南米およびアフリカ諸国では保有率が高いことが知られています。現在、世界中では約2億6千万人の感染者がいると推計されており、性行為や不衛生な医療行為、事故、母子感染などにより多くの感染者が新たに発生しています。

B型肝炎ワクチン接種をお勧めする方

B型肝炎常在国への長期滞在者すべて、医療従事者、外傷リスクが高い運動選手や工事関係者、血液透析などの医療行為を受ける人、性感染の機会が多い人など。

B型肝炎の感染原因と症状

【感染経路】
B型肝炎ウイルス(HBV)が血液や体液を介してヒトからヒトに直接、もしくは汚染した器具等を介して感染します。無防備な性行為、不衛生な医療機関での手術、輸血、歯科治療、針治療、刺青、麻薬注射などがリスクとなります。B型肝炎ウイルスは極めて感染力が強く、同様に血液や体液を介して感染するC型肝炎ウイルスの約10倍、HIV(エイズの原因ウイルス)の約100倍の感染しやすいことが知られています。

【症状】
潜伏期間は約3か月間(30〜180日)です。発症した場合は、全身倦怠感や発熱(微熱)、悪心・嘔吐、右上腹部痛などの症状に続いて黄疸が出現します。これらの症状が全くみられない不顕性感染例が70〜80%を占めるため、知らないうちにB型肝炎に罹っていたということも少なくありません。乳幼児期に感染した場合、その多くはB型肝炎ウイルスの持続感染状態になり慢性肝炎に移行することがあります。一方、年長児〜成人が感染した場合は、一過性感染として自然にウイルスが排除されるケースがほとんどですが、遺伝子型A(欧米型)タイプのウイルスに感染した場合は約20%の人が持続感染に移行することが知られています。急性B型肝炎の症状は、通常1〜2か月程度で良くなりますが、約1%の頻度で劇症化してその6〜7割は死亡します。

B型肝炎を予防するには

渡航先での無防備な性行為を慎み、衛生状態が保証できない施設での観血的手技(外傷治療、手術、注射、歯科治療、刺青、ピアス穴開けなど)を受けないようにしましょう。B型肝炎の予防には、ワクチン接種が有効です。B型肝炎のリスクがある方には、接種をお勧めいたします。

B型肝炎の抗原検査や抗体検査も実施しております。B型肝炎に対して抗体があるかどうかご不明な方にはB型肝炎抗体(HBs抗体)検査をお勧めいたします。ご希望の方は、お気軽にお問合わせください。B型肝炎抗原検査やB型肝炎抗体検査の結果が出るまでには1〜2日程かかります。

B型肝炎ワクチン 世界ではどのくらい接種しているのでしょうか?

現在、世界中の多くの国において乳幼児期のB型肝炎ワクチン接種がおこなわれています。日本でも2016年になってようやくB型肝炎ワクチンが定期接種として実施されるようになりましたが、それ以前は任意接種であったため、職業上や海外渡航などの理由でワクチンを接種したことのある人以外のほとんどの方はB型肝炎ウイルスに対する免疫が全くない状態なのです。

定期予防接種でB型肝炎ワクチンを3回接種する世界の割合 2014年度

B型肝炎ワクチンの種類と接種方法

【国内産 B型ワクチン ビームゲン、ヘプタバックス】

3回接種
接種方法 : 初回、4週間後、5〜6ヶ月後
抗体持続期間(3回接種後):5年

【抗体のつくめやす-国産B型肝炎ワクチンの場合】
2回目を接種した約2週間後から予防に必要な抗体価が得られます。渡航前に最低でも2回の接種が必要です。

【3回目を接種しないとどうなる?-国産B型肝炎の場合】
適切な時期に3回目を接種することで、抗体価を高め、長期間維持できるようになります。3回目を接種しないと抗体価は3回目の時期を境に減り始めます。

  0日 1週間 2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 5ヶ月 6ヶ月
B型肝炎
初回       2回目         3回目
【輸入 B型肝炎ワクチン EngerixB】 

輸入ワクチンは国産ワクチンに比べて抗原量が多いため、より高率に免疫を獲得することができ、抗体の持続期間も長くなります。また、2回目や3回目の接種を渡航先で予定している場合は、同等のワクチンを接種できます。特に、長期の赴任や出張の繰り返しがある方には輸入ワクチンをお勧めします。

  0日 1週間 2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 6ヶ月
EngerixB
初回       2回目         3回目
3回接種
接種方法 : 初回、4週間後、6ヶ月後
抗体持続期間(3回接種後):15〜20年
【輸入 A型肝炎・B型肝炎混合ワクチン TWINRIX】

混合ワクチンであるため注射の本数を減らすことができます。免疫の獲得能や持続期間は輸入A型肝炎ワクチンと輸入 B型肝炎ワクチンを各々接種した場合とほぼ同等です。ただし、渡航日までに十分な余裕がなく、A型肝炎のリスクが高い国や地域に行かれる方には1回の接種で有効な輸入A型肝炎ワクチンとB型肝炎ワクチンを個別に接種することをお勧めします。

  0日 1週間 2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 6ヶ月
Twinrix
初回       2回目         3回目

3回接種
接種方法:初回、4週間後、6ヶ月後
抗体持続期間(3回接種後):15〜20年

ホーム | 診療のご案内 | よくある質問 | 地図 | お問い合せ | 役立つリンク集
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved
海外渡航・海外赴任の予防接種は東京の品川イーストクリニック