高山病 − 高山病のリスクや種類、高山病の種類や症状、高山病予防薬についてのご案内

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回 海外渡航・海外赴任

予防接種・トラベルクリニックのご案内

予防接種ワクチンと接種間隔

英文診断書

海外渡航健康診断

カウンセリング

常備薬の処方

トラベルグッズ


世界の地域別情報

海外旅行前・中・後の注意事項

感染症
留学 英文診断書 作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当院で接種された方には無料で記載・お渡し!
企業ご担当者様へ
イザ!トラベルするならイザベルへ!
トラベルクリニックとしての活動内容
高山病
カタール航空 エミレーツ航空 健康診断(メディカル)
Twitter始めました
スタッフ、ドクターブログ
オリジナル トラベルグッズ
ウィズフリーダム 女性用 旅行中、渋滞中、汚いトイレは使いたくない、急にトイレに行きたくなった時のために

品川イーストクリニック
【診療受付時間】
診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp


ホーム予防接種ワクチン>高山病予防薬 サイトマップ

予防接種ワクチン >高山病予防薬


登山者だけではない高山病
 
スイス、南米、中国雲南省など、登山をしなくても高度の高い旅行先では、高山病にかかるリスクが高いです。予防対策をしっかり整えてから出発しましょう。
 
高山病とは
 
高山病とは、高度2500m以上(70歳以上の高齢者は高度2000m以上)での酸素不足が招くトラブルの総称です。一般の旅行者は登山目的でなければ高山病にならないと錯覚されますが、2500m以上であれば、観光目的でも発症する可能性はあります。例えば、南米で3000m以上の高地にある空港に飛行機が到着したり、スイスでケーブルカーや登山バスで高地へ移動する際に高山病になることがあります。
高山病のワンポイントアドバイス
このような方は気をつけて!
ヨーロッパ・アルプス、
  南米・アンデス地方、
  中国雲南省を旅行する人
グループツアー参加者
70歳以上の高齢者
体力を過信している若者

世界の標高 4200mハワイ島マウナケア山、4000mキリマンジャロ(タンザニア)、クライン・マッターホルン展望台、エギュー・ド・ミディー展望台、3800mチチカカ湖(ペルー)、フリアカ空港、3500mスフィンクス展望台(スイス)、3400mクスコ(ペルー)、ゴルナーグラート展望台(スイス)、3100m長海(中国)、黄龍(中国四川省)、黄龍入口
高山病の種類


高山病には山酔い、高所肺浮腫、高所脳浮腫の3つがあります。高山病の90%以上はこの山酔いで、命に別状はありませんが、放置すると高所肺浮腫、さらには高所脳浮腫となり、死に至ることもあるので、充分注意が必要です。
 
高山病の症状
 
 
【山酔い】
Mountain sickness
高山病の初期症状です。頭痛、嘔吐又は吐き気、疲労感や脱力感、立ちくらみやめまい、不眠といった症状が特徴です。これらの症状が感じられたら、速やかに高度を下げてください。
 
【高所肺浮腫】
Pulmonary Edema
肺にむくみのでる高所肺浮腫になると安静にしていても呼吸困難となり、咳、ゼーゼーする、歩行困難、全身の脱力感などが加わります。気圧の低下により、血管から水分が出てくると考えると、理解し易いです。
 
【高所脳浮腫】
Cerebral Edema
脳にむくみのでる高所脳浮腫は死の一歩手前の重症状態で、運動失調、思考力・判断力の低下、精神錯乱がおき、やがて昏睡状態となり死亡します。
 
高山病を予防するには
 


高山病の予防にはゆとりのある日程を組むことが大切です。時間をかけて徐々に高度を上げていけば、空気の薄い状態、気圧の低下にも体が慣れます。しかし、海抜3,000m以上の空港に着陸する南米のツアーや、自動車などで短時間に高度を上げる場合には、予防薬を使用しましょう。

欧米でポピュラーなのが、アセトゾラミド(商品名:ダイアモックス)という薬です。この薬は脳の血管を拡張して血流を増やし、脳の酸素不足を改善する働きと、呼吸中枢を刺激して全身の低酸素状態を改善する効果があります。但し、本剤を服用していても急速に高度を上げると高山病に陥ることもあります。あくまでも高山病の初期症状として「山酔い」を予防する程度であり、過信することは避けてください。症状を感じたら、高度を下げるようにしましょう(500mでも800mでも高度が下がると楽になります)。服用方法は、高地に到着する前日から到着後3日までの4日間、1回125mg(2分の1錠)を1日2回服用すると高山病の予防になります(12時間毎に服用する)。夕方の服用を続けると呼吸が楽になり、睡眠を助けます。

 
高山病にかかったら
 

高山病の症状を感じたら、すみやかに高度を下げるのが最善の策です。症状があるうちは、それ以上高い所へ行くと大変危険です。ツアーでは「迷惑をかけるから」と具合が悪くても言い出しにくいこともありますが、症状が悪化してからのほうが、より多くの迷惑をかけることになります。少しでも気分が優れないとか頭痛を感じたら、症状が軽いうちに添乗員やガイドに申し出ましょう(頭痛は、普段使う頭痛止めを使って結構です)。

応急処置は酸素の吸入とアセトゾラミドの服用が挙げられます。治療薬としてこの薬を使う場合には、予防時の倍の1回250mgを1日に2回服用して下さい(1日に2錠)。

脳浮腫には、ステロイド・ホルモンの内服が有効です。 肺浮腫の特効薬はなく、特殊な人工呼吸器が必要になります。


あると便利なアイテム
山の上での不衛生なトイレに備えて「ウィズフリーダム」があると便利です


ホーム | 診療のご案内 | セミナー・活動のご案内 |よくある質問 | 地図 | お問い合せ
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針 |役立つリンク集
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved
海外渡航・海外赴任の予防接種は東京の品川イーストクリニック