ポリオワクチン − ポリオの感染経路や症状、ポリオワクチンの予防接種についてのご案内。不活化ポリオワクチンIPVを取り扱っております。

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回 海外渡航・海外赴任

予防接種・トラベルクリニックのご案内

予防接種ワクチンと接種間隔

英文診断書

海外渡航健康診断

カウンセリング

常備薬の処方

トラベルグッズ


世界の地域別情報

海外旅行前・中・後の注意事項

感染症
留学 英文診断書 作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当院で接種された方には無料で記載・お渡し!
企業ご担当者様へ
イザ!トラベルするならイザベルへ!
トラベルクリニックとしての活動内容
高山病
カタール航空 エミレーツ航空 健康診断(メディカル)
Twitter始めました
スタッフ、ドクターブログ
オリジナル トラベルグッズ
ウィズフリーダム 女性用 旅行中、渋滞中、汚いトイレは使いたくない、急にトイレに行きたくなった時のために

品川イーストクリニック
【診療受付時間】
診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp


ホーム予防接種ワクチン>ポリオワクチン サイトマップ

予防接種ワクチン >ポリオワクチン [Poliomyelitis]

経口生ワクチン、不活化ワクチンの2種類があります。
※当クリニックでは不活化ポリオワクチン(IPV)のみ取り扱っております。
ポリオの発生状況 海外渡航                 、海外赴任、海外出張、海外留学、海外旅行でポリオワクチンの接種を推奨する国 不活化ポリオワクチンIPVを取り扱い
※図はWHO International travel and healthより

ポリオの発生状況

主な流行地域はインド、ネパール、バングラデッシュ、中近東。
アフリカではナイジェリアを中心に西海岸諸国。

ポリオの予防接種をお勧めする方

日本では、定期予防接種に指定されています。
昭和50年〜52年生まれの方はポリオに対する免疫(抗体)を持つ割合が、ほかの年齢層に比べて低いことがわかっておりますので、海外旅行と関係なく追加の接種を受けることをお勧めします。

赤ちゃんと接触のある方やこれから妊娠を考えている方。

ポリオの感染原因と症状

【感染】
ポリオとはポリオウイルスによって小児麻痺、脊髄性小児麻痺を起こす疾患です。ポリオに感染した人の便中にポリオウイルスが排出され、汚染された水・食物により、感染します。 特に、これまでのワクチンは経口生ワクチンであり、お子さんのオムツの交換後の手洗いが重要です。

【症状】
ウイルスに感染しても、90〜95%の人は何ら症状が出ないで免疫ができます。5〜10%の人は風邪の様な症状が出て、感染者の0.1〜0.5%にマヒが現れます。 ウイルスが侵入する脊髄神経の位置によって、上肢や下肢に永久の麻痺が残ります。呼吸困難により死亡することがあります。

ポリオを予防するには

日本には現在、ポリオウイルスは存在していないとされていますが、ポリオウイルスの流行国(常在国)に行く事で感染する可能性があります。きちんとポリオを予防しましょう。

WHO(世界保健機構)はポリオの予防接種を強く勧奨し、地球からの撲滅を目指しています。

ポリオの抗体検査も実施しております。ポリオに対して抗体があるかどうかご不明な方はポリオ抗体検査をお勧めいたします。ご希望の方は、お気軽にお問合わせください。ポリオ抗体検査の結果が出るまでには2〜3日かかります。

ポリオワクチンの接種回数

国際基準の接種方法は、乳児期の基礎接種を完了してる場合、成人してから1回の追加接種を推奨しています。

日本の定期接種ではポリオワクチンを2回接種しますが、流行時の感染予防には不十分であり、 米国・英国・ドイツでは4回、インドは6回接種しています。

 
生ポリオワクチン(OPV)について
 


弱毒化したポリオワクチンを経口接種します。接種後4-6週間は便中にポリオウイルスが排出されるため、そこからの二次感染や麻痺患者、ワクチン関連麻痺(VAPP)が起こりうる。WHOでは定期接種として3回を指定しているが、日本では2回のみが乳児の定期接種となっている。

ポリオ生ワクチンには、T型、II 型、III 型の三種類のウイルスが含まれています。1回の生ワクチンを飲んだだけでは、3つの型のウイルスが互いに干渉し、3つの型のウイルス全てに対して十分な免疫が獲得出来ません。2回目約90%の方が@型、U型の抗体が陽性になり、3回目の接種で80%以上の人がIII型も抗体が陽性になります。

 
不活化ポリオ(IPV)について
 


皮下又は筋注接種。
不活化ワクチンには生きているポリオウィルスが存在しないため、麻痺(VAPP)は起きません。

小児の基礎接種が完了している方は、成人後に追加接種としてポリオの不活化ワクチンを1回接種することが常在国に赴く準備です。幼児期の経口摂取歴が不明、不完全な方は4週間毎に3回接種することをお勧めします。

※当クリニックではこちらの不活化ポリオワクチンのみ取り扱っております


ホーム | 診療のご案内 | セミナー・活動のご案内 |よくある質問 | 地図 | お問い合せ
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針 |役立つリンク集
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved
海外渡航・海外赴任の予防接種は東京の品川イーストクリニック