破傷風ワクチン − 破傷風の感染経路や症状、破傷風ワクチンの予防接種についてのご案内。破傷風ジフテリア混合ワクチン、Tdapも取扱い

日本語 英語 English
予防接種 トラベルクリニック 海外渡航・赴任・旅行 留学 海外赴任健康診断 予防接種 トラベルクリニック トラベルクリニック 予防接種 海外渡航前健康診断 一時帰国者健康診断 帰国後健診 英文診断書 翻訳 留学用英文書類 現地巡回 海外渡航・海外赴任

予防接種・トラベルクリニックのご案内

予防接種ワクチンと接種間隔

英文診断書

海外渡航健康診断

カウンセリング

常備薬の処方

トラベルグッズ


世界の地域別情報

海外旅行前・中・後の注意事項

感染症
留学 英文診断書 作成の流れ
WHO公認 国際スタンダード予防接種証明書 当院で接種された方には無料で記載・お渡し!
企業ご担当者様へ
イザ!トラベルするならイザベルへ!
トラベルクリニックとしての活動内容
高山病
カタール航空 エミレーツ航空 健康診断(メディカル)
Twitter始めました
スタッフ、ドクターブログ
オリジナル トラベルグッズ
ウィズフリーダム 女性用 旅行中、渋滞中、汚いトイレは使いたくない、急にトイレに行きたくなった時のために

品川イーストクリニック
【診療受付時間】
診療受付時間
【休診日】
土、日、祝
【住所】
〒108−6102
東京都港区港南2-15-2
品川インターシティB棟2階
【交通アクセス】
JR山手線品川駅港南口を
出て徒歩5分
詳しくはこちら
【TEL】
03-5783-5521
【FAX】
03-5783-5523
【E-mail】
shinagawa@e-clinic.gr.jp

【ホームページ】

http://www.e-clinic.gr.jp


ホーム予防接種ワクチン>破傷風ワクチン サイトマップ

予防接種ワクチン >破傷風ワクチン [Tetanus] - トキソイドワクチン


破傷風とジフテリア、百日咳のワクチンを混合した成人用の3種混合ワクチン(Tdap)も取り扱っております。

破傷風の発生状況

全世界でみられる疾患で、主に発展途上国において毎年約50万人が破傷風で亡くなっています。日本国内では年間100人前後の患者が報告されていますが、そのほとんどは破傷風を含む3種混合ワクチンが1968年に定期接種化された以前に生まれた方です。

破傷風ワクチン接種をお勧めする方

すべての発展途上国に渡航する方、また先進国であっても土壌で怪我をする可能性の高い活動(登山など)を予定している方にお勧めします。
破傷風ワクチンはDPT(ジフテリア・百日咳・破傷風) 3種混合ワクチン(定期接種として乳幼児期に計4回接種)およびDT (ジフテリア・破傷風)2種混合ワクチン(定期接種として11〜12歳に1回接種)に含まれています。DT 2種混合ワクチンを接種している方は20代前半まで(約10年間)は免疫がありますが、最終接種から10年経過している方は、追加の予防接種をお勧めします。

破傷風ワクチンの代わりに成人用の3種混合ワクチン(Tdapティーダップ:BoostrixR)を接種するとジフテリアと百日咳の予防も兼ねることができて有利です。過去に破傷風を含むワクチンを3回以上受けていない方は、新たに3回の接種が必要です。

海外渡航、海外赴任、海外出張、海外留学前の破傷風ワクチンの接種回数

破傷風の感染原因と症状

【感染経路】
破傷風菌は世界中の土壌中に広く常在しており、転んでケガをしたり古釘や切り株などを踏み抜いたり、動物に咬まれたりしてできた傷口から侵入します。特に舗装道路の少ない発展途上国で発症頻度が高くなっていますが、2011年の東日本大震災の際には被災時にうけた傷口から感染した10名の破傷風患者が報告されていることからも分かるように、先進国においても注意が必要です。

【症状】
通常、受傷から3日〜21日の潜伏期を経て、破傷風菌が産生する毒素(神経毒および溶血毒)による特有の症状が出現します。最初は口が開けにくくなり(開口障害)、顔面や首の硬直が起こります。その後、全身のケイレンや呼吸ができないなどの症状が現れて、人工呼吸管理を含めた集中治療が必要となります。抗菌薬や免疫グロブリンなどで治療しますが、致死率は10〜20%と高値です。

破傷風を予防するには

ワクチン接種が重要です。小児期に定期接種で破傷風ワクチンを3回以上接種している方でも、過去10年以内の接種がない場合は、渡航前に1回、破傷風を含むワクチンをブースター(追加免疫)として接種することをお勧めします。

破傷風ワクチンの種類と接種方法

破傷風単独のワクチン(国産:沈降破傷風トキソイド)、破傷風とジフテリアの混合ワクチンDT(国産:沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド)、成人用のジフテリア、百日咳、破傷風の 3種混合ワクチンTdap(輸入: Boostrix)などがあります。

基礎免疫がない方(1968年以前に生まれた方、および、小児期に破傷風ワクチンを含む3種混合ワクチン(DPT)の定期接種を3回以上受けていない方)は3回接種。基礎免疫がある方は、1回の追加接種で10年間有効。

3回接種
接種方法 : 初回、3〜8週間後、12〜18ヶ月後
抗体持続期間(3回接種後):10年

  0日 1週間 2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 6ヶ月 12-18ヶ月
破傷風
初回     2回目   3回目

ジフテリアについて

ジフテリア菌の飛沫感染によっておこります。2〜5日の潜伏期の後に発熱や喉の痛み、鼻水など風邪様症状で発症する病気です。喉の奥に偽膜というかさぶたの様なものができて呼吸ができなくなったり、菌がつくる毒素によって心筋炎や神経炎をおこしたりして、5〜10%の患者が死亡します。

日本国内においてはワクチンの普及によってジフテリアの発生は報告されていませんが、東南アジアや中東、東欧、中南米、アフリカなどでは現在も多くみられています。

百日咳について

百日咳菌の飛沫感染によっておこります。7〜10日の潜伏期の後に風邪様症状で始まり、次第に激しい咳(連続性の咳や息を吸うときのヒュー音)が出現します。新生児や乳児では無呼吸発作やケイレンから呼吸停止となり致死的となることもあります。

基本的に途上国に多い病気ですが、今でも日本や欧米を含めた全世界でみられ、学校内での流行なども少なくありません。米国ではTdap(成人用のジフテリア、百日咳、破傷風の 3種混合ワクチン)を一回も接種したことがない11歳以上の人はTdapをまず接種してから、Td(破傷風とジフテリアの2種混合ワクチン)による10年毎の追加接種がおこなわれています。

妊婦については新生児への感染を防ぐ目的で妊娠毎(妊娠27-36週)にTdapの接種が推奨されています。また、米国で出産を迎える娘の世話で渡米する場合などに前もってTdapを接種してくることが要求されることもあります。


ホーム | 診療のご案内 | セミナー・活動のご案内 |よくある質問 | 地図 | お問い合せ
トラベルクリニックのご案内 | 地域別情報 | 旅行前・中・後の注意事項 | 個人情報保護法方針 |役立つリンク集
品川イーストクリニック-予防接種 トラベルクリニック-世界各国国別推奨ワクチンサイト TEL:03(5783)5521
医療法人社団佳有会 品川イーストクリニック ©2015 Shinagawa East Medical Clinic - All Rights Reserved
海外渡航・海外赴任の予防接種は東京の品川イーストクリニック