当院で接種可能な日本脳炎ワクチン

日本脳炎の発生状況

東アジア、南アジア、東南アジアのアジアモンスーン地帯に広く存在します。WHOによると世界で毎年、約43,000人が発症し、このうち11,000人が死亡、約9,000人は回復しても重篤な後遺症を残すと発表されています。

日本脳炎ワクチン接種をお勧めする方

予防接種法による小児への接種は一時中断されましたが、2009年6月に細胞培養ウイルスによる新しいワクチンが出来ています。

25歳以上の方は初回接種から始めることをお勧めします(3回接種)。

北海道生まれの方は定期予防接種として接種していない方が多いので、ワクチン接種が推奨されている渡航先の場合は、接種をお勧めします。

日本脳炎の発生状況

日本脳炎の発生状況

日本脳炎の感染原因と症状

感染経路

日本脳炎は豚の中で繁殖した日本脳炎ウイルスがコガタアカイエカに媒介され、その蚊に刺されることによって感染します。
特にアジア周辺諸国では養豚場と日常生活が密接しておりますので、観光エリアでも感染する可能性が高く、予防が必要です。

症状

潜伏期間はウイルスに感染した蚊に刺されてから約6~16日で発症します。 潜伏期間の後、高熱、頭痛、嘔気、嘔吐で発症して異常行動、意識障害、けいれん、神経障害などが現れます。

日本脳炎を予防するには

予防接種は3回または2回受けるのが一番の予防法です。感染地域に長く滞在するときは追加免疫(3回目)を半年から1年後、そのあとは3年ごとに受ける。

日本脳炎ワクチンの種類と接種方法

日本脳炎ワクチン エンセバック(国産)

基礎接種回数:3回
接種間隔:初回、1~4週間後、1年後
基礎接種後の抗体持続期間の目安:4~5年
販売元:Meiji Seika ファルマ株式会社

日本脳炎ワクチン ジェービックV(国産)

日本脳炎ワクチン

基礎接種回数:3回
接種間隔:初回、1~4週間後、1年後
基礎接種後の抗体持続期間の目安:4~5年
販売元:田辺三菱製薬株式会社

抗体のつくめやす-国産日本脳炎ワクチンの場合

基礎免疫がない方の場合、2回目を接種した約2週間後から予防に必要な抗体価が得られます。渡航前に最低でも2回の接種が必要です。

               
  0日 1週間 2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 6-12か月
日本脳炎 初回2回目        3回目

防蚊&防虫 お勧めトラベルグッズ

日本脳炎ワクチン接種のご予約について

トラベル科は予約制ですが、当日予約も可能です。
お電話またはWEBからご予約ください。

ご予約はこちらから

03-5783-5521電話受付時間 9:00~19:00
診察受付時間
午前 10:30~14:00
  • ×
  • ×
午後 15:15~18:30
  • ×
  • ×