当院で接種可能なおたふく風邪(ムンプス)ワクチン

おたふくかぜの発生状況

世界中にある病気で、日本でも年間多くの方が感染しています。

おたふくかぜワクチンの接種をお勧めする方

1歳から接種可能です。

任意(本人の希望)接種ですので、幼児期に予防接種又はおたふく風邪にかかったことがない方は予防接種をお勧めします。 幼児期から学童期に感染することが多いのですが、成人になってからも感染することがあります。

※妊婦はこれらの生ワクチンの接種は避ける。

※また、このワクチンの接種後は少なくとも1か月以内には妊娠を避けるように気をつける。(ワクチンのメーカーは、接種後の3か月間は避けるよう勧告している)

※周囲に感染者が出た場合:3日以内に予防接種を受けると感染を防御、症状を軽くできるとされています。

おたふくかぜの感染原因と症状

感染経路

おたふくウイルスの感染(唾液もしくは接触)によって起こります。
1回かかると生涯にもう1度かかることはありません。
成人になってから感染すると、まれに男性では睾丸炎、女性では卵巣炎・乳腺炎になることがあります。

症状

潜在期は約2週間です。両耳の下が痛くなり、腫れてきます。また喉が痛くなることもありますが、ウイルスですのでまれに脳炎を起こすこともあるので注意が必要です。

おたふくかぜを予防するには

日本では、ワクチンは造られておりますが、小児の定期予防接種の対象にはなっておりません。
満1歳を経過したらワクチン接種ができますので、2回接種します。
成人になってからも任意で予防接種が受けられます。接種歴が不明であれば、4週間以上の間隔を空けて、2回接種をお勧めします。

おたふくかぜ(ムンプス)の抗体検査も実施しております。おたふくかぜ(ムンプス)に対して抗体があるかどうかご不明なかたは抗体検査をお勧めいたします。ご希望の方は、お気軽にお問合わせください。抗体検査の結果が出るまでには2~3日かかります。

おたふくかぜワクチンの種類と接種方法

おたふくかぜワクチン(国産)

おたふくかぜ(ムンプス)ワクチン

接種回数:1回または2回(4-8週間後)
抗体価持続期間:20~30年
初回接種(0.5ml)

麻疹風疹混合ワクチン MR(国産)

麻しん風しん混合ワクチン

接種回数:1回または2回(4-8週間後)
抗体価持続期間:20~30年
初回接種(0.5ml)

麻疹おたふくかぜ風疹混合ワクチン MMR(輸入)

麻しんおたふく風しん混合ワクチン MMR

接種回数:1回または2回(4-8週間後)
抗体価持続期間:20~30年
販売元:GlaxoSmithKline社

おたふくかぜ(ムンプス)ワクチンについて

おたふくかぜ(ムンプス)ワクチンは生ワクチンといわれる種類のワクチンです。生ワクチン同士の同日接種や不活化ワクチンとの同時接種も可能です。但し、日本では予防接種実施要領により、生ワクチンを接種すると基本的に1ヶ月間は他のワクチンを接種できませんので、接種するワクチンの順番に気をつける必要があります。当クリニックで接種される方は、初回来院時にワクチン接種のスケジュールを立ててから接種開始しますのでご安心ください。

おたふく風邪(ムンプス)ワクチン接種のご予約について

トラベル科は予約制ですが、当日予約も可能です。
お電話またはWEBからご予約ください。

ご予約はこちらから

03-5783-5521電話受付時間 9:00~19:00
診察受付時間
午前 10:30~14:00
  • ×
  • ×
午後 15:15~18:30
  • ×
  • ×