当院で接種可能な狂犬病ワクチン

狂犬病とは

狂犬病は、動物・人をはじめ全ての哺乳類で脳炎を起こして死亡させる重症疾患です。日本国内では1957年を最後に感染例がなく、1970年にネパールで1例、2006年にフィリピンで2例、現地で感染し帰国後に発病・死亡しています。現在も先進国を含む世界のほとんどの国で、狂犬病ウイルスをもった動物が存在し、全世界で毎年多くの方が死亡しています。

狂犬病の発生状況

日本、英国、スカンジナビア半島の国々などの一部の地域を除いて世界中に存在します。特にインド・ネパール・東南アジア諸国・中南米諸国・アフリカ諸国へ旅行される方。

狂犬病ワクチン接種をお勧めする方

哺乳動物の研究・捕獲。動物と直接接触する機会が多くなる長期滞在予定の方。 都市部から遠く離れ、緊急対応ができない地方部に滞在する方。

感染した哺乳動物の唾液や分泌物の中に狂犬病ウイルスはいます(bite or scratch)。海外では繋がれていない犬や猫にご注意ください。奥地、秘境、洞窟探検などの冒険旅行が目的の方は接種をお勧めします。

狂犬病患者数(年間)と犬からヒトへの狂犬病伝播リスク

狂犬病患者数(年間)と犬からヒトへの狂犬病伝播リスク

狂犬病の感染原因と症状

感染経路

感染した動物に咬まれることで感染します。唾液のついた爪で引っ掻かれても感染の危険があります。狂犬病を発症すると現在の医学では治療法がなく、ほぼ100%が死亡する怖い病気です。

症状

狂犬病のウイルスに感染した犬、猫、キツネ、アライグマ、コウモリ、スカンクなどの哺乳類動物に接触することで感染します。アメリカ - アライグマ・コウモリ、ヨーロッパ - キツネ、アフリカ - ジャッカルやマングースが有名。潜伏期間は通常20~60日程度です。発病するかどうかは咬まれた傷口の位置、大きさやウイルスの量で大きく変わります。主な症状は、発熱、頭痛、全身の倦怠感、嘔吐、噛まれた傷口が傷む、液体を飲むと痙攣を起こす、落ち着きのなさ、興奮しやすい、筋肉の痙攣など。狂犬病にかかった犬の症状は、一般的に狂躁時と麻痺時に分けられますので、おとなしいからといって安全とは限りません。

狂犬病を予防するには

予防接種を受けるのが一番の予防法です。また、飼われている犬でも、舐められたりされないよう注意することです(皮膚の角質層が傷んでいると、ウイルスは侵入します)。

狂犬病流行地で動物に咬まれたら(暴露後接種)

咬まれた部分を水や石鹸で洗浄し、できるだけ早く医療施設を受診し、狂犬病ワクチンの接種を開始してください。

事前に予防接種を受けていない人(暴露前接種を受けていない)

傷の程度によっては、狂犬病に対する血清(ガンマー・グロブリン)の局所注射とワクチンを5回接種(0,3,7,14,28日)します。

初日に左右の腕に1本ずつ計2本接種, 7, 21日という打ち方もあります。

事前に予防接種を受けている人(暴露前接種を受けている)

咬まれた後の追加接種(2回、0, 3日)が必要です。すでに接種を受けていても追加接種が必要です。追加接種は、出来るだけ早期に受けます。病院でワクチンを受けた日を0日とし、3日後に2回目を受けます。

狂犬病ワクチンの種類と接種方法

狂犬病ワクチン Rabipur/VERORAB(輸入)

※最短3週間で暴露前接種完了!急な出張にも対応可能。

*長期の免疫維持を必要とする方は、基礎接種の3回接種後、1年後に1回追加接種をすると5年間の免疫維持。(ハイリスク者は2年毎の追加接種又は抗体検査)

狂犬病ワクチン Rabipur

暴露前接種回数(推奨):3回
接種間隔:初回、7日後、21~28日後
販売元:Rabipur-GlaxoSmithKline社
販売元:VERORAB-Sanofi Pasteur社

       
  0日 1週間 2週間 3週間 4週間 5週間6か月 12か月
Rabipur
VERORAB
初回 2回目   3回目     追加

狂犬病ワクチン(国産)

狂犬病ワクチン

暴露前接種回数:3回
接種間隔:初回、28日後、6~12か月後



               
  0日 1週間 2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 6か月 12か月
狂犬病 初回     2回目       3回目

狂犬病ワクチンの予防接種予約について

トラベル科は予約制ですが、当日予約も可能です。
お電話またはWEBからご予約ください。

ご予約はこちらから

03-5783-5521電話受付時間 9:00~19:00
診察受付時間
午前 10:30~14:00
  • ×
  • ×
午後 15:15~18:30
  • ×
  • ×