当院で接種可能な破傷風ワクチン

破傷風の発生状況

全世界でみられる疾患で、主に発展途上国において毎年約50万人が破傷風で亡くなっています。日本国内では年間100人前後の患者が報告されていますが、そのほとんどは破傷風を含む3種混合ワクチンが1968年に定期接種化された以前に生まれた方です。

破傷風ワクチン接種をお勧めする方

すべての発展途上国に渡航する方、また先進国であっても土壌で怪我をする可能性の高い活動(登山など)を予定している方にお勧めします。 破傷風ワクチンはDPT(ジフテリア・百日咳・破傷風) 3種混合ワクチン(定期接種として乳幼児期に計4回接種)およびDT (ジフテリア・破傷風)2種混合ワクチン(定期接種として11~12歳に1回接種)に含まれています。DT 2種混合ワクチンを接種している方は20代前半まで(約10年間)は免疫がありますが、最終接種から10年経過している方は、追加の予防接種をお勧めします。

破傷風ワクチンの代わりに成人用の3種混合ワクチン(Tdapティーダップ:Boostrix)を接種するとジフテリアと百日咳の予防も兼ねることができて有利です。過去に破傷風を含むワクチンを3回以上受けていない方は、新たに3回の接種が必要です。

破傷風とは?(感染原因と症状)

感染経路

破傷風菌は世界中の土壌中に広く常在しており、転んでケガをしたり古釘や切り株などを踏み抜いたり、動物に咬まれたりしてできた傷口から侵入します。特に舗装道路の少ない発展途上国で発症頻度が高くなっていますが、2011年の東日本大震災の際には被災時にうけた傷口から感染した10名の破傷風患者が報告されていることからも分かるように、先進国においても注意が必要です。

症状

通常、受傷から3日~21日の潜伏期を経て、破傷風菌が産生する毒素(神経毒および溶血毒)による特有の症状が出現します。最初は口が開けにくくなり(開口障害)、顔面や首の硬直が起こります。その後、全身のケイレンや呼吸ができないなどの症状が現れて、人工呼吸管理を含めた集中治療が必要となります。抗菌薬や免疫グロブリンなどで治療しますが、致死率は10~20%と高値です。

破傷風を予防するには

ワクチン接種が重要です。小児期に定期接種で破傷風ワクチンを3回以上接種している方でも、過去10年以内の接種がない場合は、渡航前に1回、破傷風を含むワクチンをブースター(追加免疫)として接種することをお勧めします。

破傷風ワクチンの種類と接種方法

破傷風トキソイドワクチン/DT/DPT-IPV(国産)

破傷風トキソイドワクチン

基礎接種:3回
接種間隔:初回、3~8週間後、12~18か月後
基礎接種後の抗体持続期間の目安:10年

基礎免疫がない方

1968年以前に生まれた方、および、小児期に破傷風ワクチンを含む3種混合ワクチン(DPT)の定期接種を3回以上受けていない方は3回接種。

基礎免疫がある方

1回の追加接種で10年間有効。

               
  0日 1週間 2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 6~18か月
破傷風
DT
DPT-IPV
初回   2回目 3回目

Tdap 破傷風・ジフテリア・百日咳混合ワクチン(輸入)

※11以上の追加接種目的、幼少期に基礎接種をつけていない成人用

輸入 Tdap

追加接種:1回
基礎接種後の抗体持続期間の目安:10年
販売元:GlaxoSmithKline社

破傷風ワクチン接種のご予約について

トラベル科は予約制ですが、当日予約も可能です。
お電話またはWEBからご予約ください。

ご予約はこちらから

03-5783-5521電話受付時間 9:00~19:00
診察受付時間
午前 10:30~14:00
  • ×
  • ×
午後 15:15~18:30
  • ×
  • ×