対象地域

東ヨーロッパ

アゼルバイジャン、アルバニア、アルメニア、ウクライナ、ウズベキスタン、エストニア、カザフスタン、キルギスタン、クロアチア、グルジア、スロバキア、スロベニア、タジキスタン、チェコ、トルクメニスタン、ハンガリー、ブルガリア、ベラルーシ、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア、モルドバ、ユーゴスラビア(セルビア、モンテネグロ)、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ロシア

衛生状況

東ヨーロッパは、衛生状態が比較的悪い地域。医療事情もあまり良くないので、病気を予防するには意識を高く持つことが大切。夏の暑い時期にかけて食中毒が発生。冬は寒さが厳しく、体調管理をしっかり行うことが必要。

注意が必要な感染症と病気

     
飲食物から飲食物から 感染症腸炎(食中毒、赤痢)、A型肝炎腸チフス
昆虫・蚊から昆虫・蚊から マラリア日本脳炎ダニ脳炎
動物に噛まれたら動物に噛まれたら 狂犬病
傷口から傷口から 破傷風
ヒトからヒトから AIDS、B型肝炎

おすすめの予防接種ワクチン

                 
A型肝炎ワクチン 長期滞在者、旅行者
B型肝炎ワクチン 1年以上の滞在者
破傷風ワクチン 長期滞在者、旅行者
狂犬病ワクチン 野生動物に接する機会のある者
日本脳炎ワクチン 1年以上の滞在者、沿海州へ行く者
ダニ脳炎ワクチン 森林地帯へ入る機会のある者
腸チフスワクチン 不衛生地域への滞在者及び立ち入る者
マラリア予防薬 マラリア発生地帯に立ち入る者

滞在先での注意事項

  • 加熱した水もしくはミネラルウォーターを飲む。水道水は飲まないこと。また、水道水から氷が作られることが多いので、氷入りの飲み物は避ける。
  • 生ものは避け、加熱されたものを熱いうちに食べる。寿司や刺身などの生ものは食中毒になる可能性がある。
  • フルーツやサラダは水道水で洗ってあることが多いので避ける。
  • 果物は自分で皮をむいて早めに食べる。野菜は加熱されたものを食べる。
  • 衛生的に管理の悪い屋台での食事は控える。
  • 日本には存在しない狂犬病に注意が必要。動物をなでたり、なめられたりされないようにする。
  • 森林地帯ではダニから感染する脳炎が流行している。ダニに刺されないよう肌の露出を控え、森林地帯に立ち入る必要のある場合は、ダニ脳炎ワクチンを接種する。

ご予約について

予防接種は予約制です。
ワクチンの在庫がある場合は当日接種も可能ですので、まずはお気軽にお電話ください。

ご予約はこちらから

03-5783-5521電話受付時間 9:00~19:00
診察受付時間
午前 10:30~14:00
  • ×
  • ×
午後 15:15~18:30
  • ×
  • ×